退院後の生活に備えて

元気な方が突然脳梗塞等で倒れ、後遺症が残り介護が必要になったという話はよくあります。
入院している間に何らかの障害が残るとわかったら、退院後に自宅で介護ができるかどうかの方針を立てなくてはいけません。
介護の苦労が先に頭に浮かび途方に暮れてしまう気持ちもありましょうが、
住宅の構造や家族の状況を考えなければなりません。

スポンサードリンク

まず介護に関係する人たちが土台の認識をある程度そろえるために、主治医の説明にはできるだけ多くの人が立ち会いましょう。
それが難しい場合は信頼される人が代表として主治医の話を聞き、早い段階で関係者に本人の状態を伝えます。

スポンサードリンク

退院後にリハビリ病院や介護老人保健施設に移る場合は、できるだけ家族が行きやすい場所を選び、リハビリの場面に立ち会いましょう。
在宅でできるリハビリ方法を指導してもらうためです。
また選択肢としては、在宅のほか介護老人保健施設、介護老人福祉施設、介護つき有料老人ホームなどがありますが、
すぐに入所できる施設が見つかりにくいのが現状のようです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

どんなサービスが必要なのか
介護されるお年寄りの生活を少しでも快適にし、また一人で抱え込まないために介護保険......
老齢の親が入院 その時にしておくこと
現在では定年退職後のセカンドライフを前向きに考える元気なお年寄りが増えています。......
ケアプラン作りで配慮すること
介護が必要となった時、様々なサービスを利用するためにケアプランを作成します。 こ......
介護保険と社会資源
どんな人でも高齢になると、何がしかの手助けが必要になります。 これまでの生活を維......
ケアプランのチェック
相談に相談を重ねてできたケアプランだと思いますが、その原案を一度介護される本人と......
退院後 在宅で介護する場合
お年寄りが病気や障害を抱えて在宅で暮らす場合は、退院前から自宅で診療してもらえる......

▲このページのトップへ