どんなサービスが必要なのか

介護されるお年寄りの生活を少しでも快適にし、また一人で抱え込まないために介護保険のサービス利用を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
在宅介護を進める上で、介護保険のサービスを利用するために居宅介護支援事業所選びから始める人もいるようですが、
本来は困っていることは何か具体的に洗い出してから必要な援助を考えます。

スポンサードリンク

目先の苦労ばかりに目を向けてケアマネージャーにケアプランを依頼するとうまいプランにならない事多いです。
客観的な判断に基づき必要なケアプランを立てるのがケアマネージャーの仕事ですが、中には依頼者の希望ばかりを優先させ、
実際の在宅介護において機能しないプランになることもあります。
ケアマネージャー自身が所属する事業者が関係するサービスに偏重しがちなプランの可能性も考えられます。

スポンサードリンク

どのようなサービスが必要なのか、お年寄り本人と介護する家族の状況で違います。
満足のいくサービスを受けられるために、どのような援助やサービスが必要か冷静に判断しましょう。

しかし介護保険のサービスではカバーできない部分があるのも実情です。
その一つにお年寄りの食事作りが挙げられます。
お年寄りの食事は介護者の苦労するところでもありますが、配食サービスや宅配、通販を利用するほか、
地域によっては会食サービスを行なっているところもあります。
そうした食事に関するサービスも日常の介護に組み込むことで、
介護者の負担が減らせるとともに、ご近所との交流が広がるというメリットがあります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

老齢の親が入院 その時にしておくこと
現在では定年退職後のセカンドライフを前向きに考える元気なお年寄りが増えています。......
退院後の生活に備えて
元気な方が突然脳梗塞等で倒れ、後遺症が残り介護が必要になったという話はよくありま......
ケアプラン作りで配慮すること
介護が必要となった時、様々なサービスを利用するためにケアプランを作成します。 こ......
介護保険と社会資源
どんな人でも高齢になると、何がしかの手助けが必要になります。 これまでの生活を維......
ケアプランのチェック
相談に相談を重ねてできたケアプランだと思いますが、その原案を一度介護される本人と......
退院後 在宅で介護する場合
お年寄りが病気や障害を抱えて在宅で暮らす場合は、退院前から自宅で診療してもらえる......

▲このページのトップへ