相談の仕方

介護で悩んだ場合の相談ですが、
友人に聞いてもらえばスッキリする、という程度のものから、公的な相談窓口へ出向いてしかるべき対策が必要なものまで幅広くあります。
ここでは相談窓口において相談する際の準備についてご紹介します。
限られた時間の中で、効率的に適切な助言を受けるためには、それなりの準備が必要なのです。

スポンサードリンク

まず相談する側の窓口には、お年寄りの性格や生活パターンをよく知っている人で一本化します。
しかし感情的になったり、話が苦手ということもありますから、相談の際は二人以上で対応するのが望ましいでしょう。
ついついなりがちな苦労話や愚痴で終わることも防げます。

スポンサードリンク

事前準備として家族内で相談事項を話し合い、優先順位をつけておくと当日の相談窓口で有意義な相談になります。
お年寄り本人の病歴や現在の健康状態、介護に関する希望、家族がどんな介護ができるのか、介護に割ける時間、
逆に介護実務の中で苦手なことなども書き出しておき、相談の際に一緒に見ながら相談すると、更に適切な助言が受けられると思います。

相談内容によっては地域包括支援センターではカバーできない部分もあります。
その際は相談先について相談したりしましょう。
また、社会福祉協議会やNPO法人などが実施する介護相談を利用するなど他の窓口に相談することもひとつです。
在宅医療を行なっている病院から情報を得られることもあります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

地域包括支援センター
介護では苦労も多く、何から手を付けてよいのか、相談はどこに行ったらよいのか悩むと......
施設での介護も考える
苦労の多い介護では、介護する人たちの心と体の健康状態が極めて重要です。 介護され......
ケアマネージャー
ケアマネージャーの業務内容は大変幅が広いです。 ケアプランの作成、サービス提供事......
サービスに納得いかない!そんな時は
介護者の負担を軽くするために介護サービスを利用したにも関わらず、スタッフと相性が......
体力維持と転倒防止
人は年を取ると筋力が弱くなり、体のバランスを上手く保てなくなります。 その結果、......
介護スタッフとの付き合い方
在宅介護をしている人にとって、介護サービススタッフの存在は大変ありがたい存在です......

▲このページのトップへ