地域包括支援センター

介護では苦労も多く、何から手を付けてよいのか、相談はどこに行ったらよいのか悩むところです。
一般的に役所の高齢福祉課などが窓口となっていますが、住んでいる地域の相談先としては地域包括支援センターをおすすめします。
地域包括支援センターは、高齢者の暮らしに関わる全般的な何でも相談所ととらえて差し支えありません。
介護が必要になる前から、高齢者の生活全般についての相談にのってもらえます。

スポンサードリンク

地域包括支援センターの業務として知られているのは、要支援と認定された人への介護予防ケアプランの作成です。
この他にも要介護認定の申請代行も行なっています。
介護サービスを受けている人には、サービス利用中に生じた問題や調整事項についての相談にも乗ってくれます。

スポンサードリンク

地域包括支援センターは担当地域が決まっているので、住民の側からは選べません。
その分在住地域内での情報収集がし易いというメリットがあります。
介護、福祉、看護等の専門家がいますので、適切な相談先を知りたい時に重宝します。

地域によっては従来、介護に関わる相談を担当してきた在宅介護支援センターという名前のままのところもあるようです。
役所の高齢福祉課などに問い合わせると、地域のセンターの名前や所在地、電話番号などが確認出来ます。
もし相談内容がある程度まとまっているのなら、事前に電話連絡してから出かけると、専門の担当者とつながりやすいかと思います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

相談の仕方
介護で悩んだ場合の相談ですが、 友人に聞いてもらえばスッキリする、という程度のも......
施設での介護も考える
苦労の多い介護では、介護する人たちの心と体の健康状態が極めて重要です。 介護され......
ケアマネージャー
ケアマネージャーの業務内容は大変幅が広いです。 ケアプランの作成、サービス提供事......
サービスに納得いかない!そんな時は
介護者の負担を軽くするために介護サービスを利用したにも関わらず、スタッフと相性が......
体力維持と転倒防止
人は年を取ると筋力が弱くなり、体のバランスを上手く保てなくなります。 その結果、......
介護スタッフとの付き合い方
在宅介護をしている人にとって、介護サービススタッフの存在は大変ありがたい存在です......

▲このページのトップへ