他人の力も借りましょう

親の介護は自宅でしたいと思う方が多いと思います。
在宅介護と聞いてイメージされるのは、家族が力を合わせてお年寄りの介護を行う感じでしょうか。
しかし家族が協力し合う姿はとても理想的ですが、介護を家族内だけで全て行なうことはまず不可能です。

スポンサードリンク

なぜなら家族それぞれには、それまでに築いてきた生活があります。
親の介護に携わるということは、自分の生活のそれまでの生活の一部を削って介護することなのです。
必然的にこのような状況になることが多いですが、終わりの見えない介護生活の中で「自分の時間を削っている」
「自分の時間を奪われている」という気持ちが生まれてしまうと、その介護は苦労以外の何者でもなくなってしまいます。
親の世話をするために自分の時間を提供することはやむを得ない、とわかっていても、それがストレスとなって蓄積されると、
介護される人との間だけでなく家族間の関係にも悪影響が出てきます。

スポンサードリンク

介護する上で大切なのは、家族関係を悪化させないことです。
毎日ずっと同じ人と接していることは、介護者の気苦労が増えるだけでなく介護されるお年寄りにとっても窮屈な場合が多いです。
家族以外の誰かと触れ合う機会なんかもあれば、その中で気の合う人が見つかるかもしれません。
在宅介護では自宅内にこもりがちなので、意識して外部との接点を持つ事も重要です。

施設職員など介護のプロはお年寄りとの接し方にも慣れているので対応もスムーズです。
お年寄りにとってもよい緊張感や社会性を保つ役に立ちます。

家族以外の人に力を借りることは、家族関係を悪くしないための対策の一つです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

一人で抱え込まない
家族間で介護の問題としてまっさきに取り上げられるのが、誰が中心となってその役割を......
介護の話し合いで大切なこと
介護は大変ですが、どのように進めるかを話し合う過程で、陥りがちな落とし穴がありま......
介護者の心構え
高齢者の介護は先の見通しが立たないことも手伝い、一人で抱え込むと重荷に押しつぶさ......
お年寄りの変化に対応する
私ばっかり、私だけ苦労している、と介護者が思っていると気持ちにゆとりがなくなり、......

▲このページのトップへ