介護の話し合いで大切なこと

介護は大変ですが、どのように進めるかを話し合う過程で、陥りがちな落とし穴があります。
それは介護されるお年寄りご本人の意向を見落とす事です。
切羽詰った状況では、介護に関わる方たちだけで話し合っていると、自分たちのできることやできないことに議論が集中し、
肝心の介護されるお年寄りご本人の意向を見落としがちです。

スポンサードリンク

接点がそれぞれに違ったり、介護に当たる時間も一人一人違うため、
話し合いの場では互いに遠慮したり、感じている事や思っている事を言い切れない事も出てきます。
自分たちの立場も勿論大切ですが、その前にまずは介護されるお年寄りとって望ましいことは何か、
という共通認識を議論の前提で強くにぎっておく事です。
また、家族がよかれと思って判断したことでも、介護される本人の納得がなければいずれ大きな隔たりとなってしまうでしょう。

スポンサードリンク

介護される側が親御さんだった場合、その立場から考えるとどうでしょうか。
子ども達が親の介護について相談することは、頼もしく感じるものの、寂しさや申し訳ないという思いもあるでしょう。
そのため、親としては自分の希望を素直に子ども達に伝えにくい部分があるかもしれません。
子どもの立場として親への愛情や感謝の気持ちから、最後まできちんとお世話をしたいという思いを基盤に話し合うのですが、
それが親の重荷になってしまうこともあります。

元気な親に将来の介護の話をするのもしにくいと思いますが、切羽詰った状況になる前に、
ご本人の意向を聞いておくのもひとつです。

実際に介護生活が始まってしまうと苦労やストレスに目がいき、親の気持ちには正面から向き合う余裕が持てなくなる人が多いようです。
少しでも介護者の心にゆとりがあるうちに一度話し合ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

一人で抱え込まない
家族間で介護の問題としてまっさきに取り上げられるのが、誰が中心となってその役割を......
他人の力も借りましょう
親の介護は自宅でしたいと思う方が多いと思います。 在宅介護と聞いてイメージされる......
介護者の心構え
高齢者の介護は先の見通しが立たないことも手伝い、一人で抱え込むと重荷に押しつぶさ......
お年寄りの変化に対応する
私ばっかり、私だけ苦労している、と介護者が思っていると気持ちにゆとりがなくなり、......

▲このページのトップへ