退院後 在宅で介護する場合

お年寄りが病気や障害を抱えて在宅で暮らす場合は、退院前から自宅で診療してもらえる主治医を見つけましょう。
自宅近所に入院前からかかりつけの信頼できる医師がいる場合、必要に応じて往診をしてもらえるかどうか確認します。
病院に居宅介護支援事業が併設されている場合は、そこで相談するのもひとつです。

スポンサードリンク

近所の評判や口コミなども参考に、在宅医療を頼めそうな医師を見つけて診療所を訪ねて相談してみましょう。
今の主治医の先生からの紹介状があると、話が早くなります。

スポンサードリンク

また在宅介護をする場合、住宅改修が必要かどうかも重要な検討事項です。
改修は工務店に一任しないようにしてください。
主治医を通して理学療法士に住宅をチェックしてもらいます。

他に、介護保険など家族以外の援助をどのくらい利用できるのか、費用はどうするのか、など検討します。
介護者の苦労を軽減させられる方法を検討することは勿論、介護される本人がどのように暮らしたいかという意向も大切にしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

どんなサービスが必要なのか
介護されるお年寄りの生活を少しでも快適にし、また一人で抱え込まないために介護保険......
老齢の親が入院 その時にしておくこと
現在では定年退職後のセカンドライフを前向きに考える元気なお年寄りが増えています。......
退院後の生活に備えて
元気な方が突然脳梗塞等で倒れ、後遺症が残り介護が必要になったという話はよくありま......
ケアプラン作りで配慮すること
介護が必要となった時、様々なサービスを利用するためにケアプランを作成します。 こ......
介護保険と社会資源
どんな人でも高齢になると、何がしかの手助けが必要になります。 これまでの生活を維......
ケアプランのチェック
相談に相談を重ねてできたケアプランだと思いますが、その原案を一度介護される本人と......

▲このページのトップへ