一人で抱え込まない

家族間で介護の問題としてまっさきに取り上げられるのが、誰が中心となってその役割を担うかということです。
現実的には同居している人、あるいはお年寄りご本人ともっとも深く接している人が介護するというケースが殆どです。

スポンサードリンク

この際もっとも大切なのが、一人あるいは一つの家族に介護を任せきってしまう事で、苦労を一手に集中させないことです。
介護されるお年寄りに関わる人を一人でも多くして、関係者の間で情報を共有していくことが何よりも重要になります。
例え離れて暮らしていても、メールやFAXなど相手の時間を気にせず連絡できる手段を普段から活用し、いつも気にかけているという姿勢さえ伝われば、お年寄りも介護している人も精神面で救われることが多くなるでしょう。
介護されるお年寄りがそれまでに築いてきた人間関係を大切にするという意味でも、周囲の人たちのつながりは良好に保っておきましょう。

お年寄りを介護する人/家族が決まり次第、その負担を軽減させる対策も一緒に考えます。
介護者の中には苦労を見せずに頑張りすぎる人もいますが、やはり人間ですので必ず無理が生じ、歪みが出てきます。

スポンサードリンク

なかなか安らぐことのない毎日で、一時的にでも気持ちを解放するためには、物理的にお年寄りから離れる事です。
自分のための時間を確保してその時間は趣味や好きなことに没頭しましょう。このとき大切なのはこの時間を必要な時間を認識して、
罪悪感を感じないように心掛けることです。手抜きでもわがままでもありません。
自分だけでなく介護される人のためにも、介護者が心身ともに健康でいることがとても重要です。

実際に介護が始まると、家族間で考え方や価値観の相違が出てくることもあると思います。
そういう場合は、煮詰まってしまうと中々適切な判断ができません。
一人、あるいは一つの家族だけで決めないことです。
お年寄りと関わっているできるだけ多くの人と話し合う方が冷静な判断ができるでしょう。
日々の介護の中で話し合いの時間をとることは簡単ではありませんが、
大変な時こそ一人で抱え込まずに人と話すようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

介護の話し合いで大切なこと
介護は大変ですが、どのように進めるかを話し合う過程で、陥りがちな落とし穴がありま......
他人の力も借りましょう
親の介護は自宅でしたいと思う方が多いと思います。 在宅介護と聞いてイメージされる......
介護者の心構え
高齢者の介護は先の見通しが立たないことも手伝い、一人で抱え込むと重荷に押しつぶさ......
お年寄りの変化に対応する
私ばっかり、私だけ苦労している、と介護者が思っていると気持ちにゆとりがなくなり、......

▲このページのトップへ