認知症の人との接し方

自分の親が認知症になってしまったとしたら、子どもは大変なショックです。
この先の苦労が頭に浮かんで重苦しい気持ちになるかもしれません。
また認知症になったご本人も、初期の段階ではなぜ物忘れをするのか分からないため、不安になっています。
そのため忘れたことを咎められたり、理由を追究されたりすると余計に戸惑ってしまいます。
認知症のご本人も不安や戸惑いがあることを忘れないように心掛けましょう。

スポンサードリンク

認知症のお年寄りをお世話しながら生活するのは大変です。
介護している人もつい「さっき食べたでしょ」「何度も言ったのに」ときつくあたってしまうこともあり得ます。
しかし認知症のお年寄りにはこの言葉が自分を否定しているように聞こえます。
なぜ怒られているのかわからない、冷たい仕打ちをされた、などと感じて介護者に対して嫌な感情を募らせてしまいます。

スポンサードリンク

認知症では記憶力は低下するものの、喜怒哀楽や自尊心はきちんと心に残っています。
一方で理解力や場の雰囲気を読む力が弱まります。
特に身近な家族には遠慮がないため感情をぶつけたりします。
性格が悪くなったとか、嫌な人間になったということは考えず、
上述のような背景があることを理解し、お互いの関係性が悪くならないよう予め介護者や家族が心掛けましょう。

認知症のせいで忘れてしまうので、それを理解して対応を試みてください。
こちらが一歩譲って対応していると、お年寄りも気持ちが安定しやすくなります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

これって認知症?
認知症のお年寄りをお世話は大変なご苦労です。 この苦労は実際に介護してみた人でな......
認知症の症状
さっき食事をしたばかりなのに、食事を要求してくる。 認知症のお年寄りがいる家庭で......

▲このページのトップへ