これって認知症?

認知症のお年寄りをお世話は大変なご苦労です。
この苦労は実際に介護してみた人でなければわからないでしょう。

スポンサードリンク

認知症は脳の病気によって起こる記憶障害です。
現在では治療法も増え、早期に発見できれば薬や訓練などで進行を遅らせることが可能です。
認知症にともなって起こるさまざまな行動や精神症状は、薬物療法で改善されたり対応の仕方によって防げるものがあります。
早めの対策で進行に大幅な差が出ますので、早期発見が重要です。

スポンサードリンク

初期の物忘れは自然な老化現象でも起こります。
しかし専門的なチェックを受けると、軽度認知障害という認知症の一歩手前の段階であるケースが見つかることもあります。
必ず認知症に発展するわけではありませんが、この段階で発見されると症状の進行を遅らせたり防げる可能性が出てきます。

最近では物忘れ外来のある病院もあり、物忘れを自覚した本人が自らの意思で受診するケースも増えています。

お年寄りが同じことを何度も繰り返して聞くようになった場合も、物忘れが進んでいる可能性があります。
中には物忘れを隠そうと、取り繕う人もいますし、つじつまが合わない言動も認知症の初期症状の可能性が考えられます。

お年寄りに関心を持って、その変化に介護者や家族の方が少しでも早く気付くことが大切です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

認知症の人との接し方
自分の親が認知症になってしまったとしたら、子どもは大変なショックです。 この先の......
認知症の症状
さっき食事をしたばかりなのに、食事を要求してくる。 認知症のお年寄りがいる家庭で......

▲このページのトップへ