トイレ介助について

介護に不安を抱えている人の中には排泄の介護に心配をしている人が多いです。
親のほうも子どもにトイレ介助をしてもらうことに対して、情けなく、また申し訳ない気持ちでいることでしょう。

スポンサードリンク

トイレ介助では、お年寄りの自尊心を傷つけないための配慮が必要です。
一日に何度もトイレに付き添い、時に失敗して着替えたりするくらいならいっその事おむつにしてしまった方が苦労も少ない、と思われるかもしれません。
しかしお年寄り自身に尿意や便意があるのなら、できる限りおむつは避けましょう。
おむつを着けると介助される本人は自信を失います。
結果お年寄りご本人の自立を妨げ、結果として介護者の方の負担増になりがちです。
おむつ交換そのものの負担も見逃せません。

スポンサードリンク

おむつを使わないと、トイレが間に合わず失敗することも出てきます。
そうならないために、衣服の工夫や早めにトイレに誘うことが必要です。
排泄の間隔を把握して早めに誘導するようにしますが、この時に「早くいかないといつも失敗しているでしょ!」などとは言わず、
「今、私の手が空いてる間に一緒に行こう」誘導しましょう。
失敗したことを非難するような言い方になると、かえって失敗が増えるようです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

外出でリフレッシュ
自宅介護は、家族の苦労が多いだけでなくお年寄りご本人にもストレスがたまりがちです......
入浴サービス
介護は力仕事も多く体力的にも大変です。 精神的にも健康でなくては勤まりませんが、......
廃用症候群にならないために
在宅で介護をしていると、外出の機会が少なくなりがちです。 多くの場合、介護者はお......
食事の工夫
介護食のレシピ本も多種多様になりました。 高齢になると食べ物を噛む力や飲み込む力......
口腔ケアの大切さ
在宅介護ではお年寄りの食事、排泄、入浴、着替え、移動介助などに追われ、介護者は大......
安全な入浴
入浴サービスの利用については別項で触れました。 ここでは自宅で入浴する場合の注意......

▲このページのトップへ