安全な入浴

入浴サービスの利用については別項で触れました。
ここでは自宅で入浴する場合の注意点などについてご紹介します。

スポンサードリンク

入浴は体がさっぱりして気分もリフレッシュできますが、
一方で体力の消耗や血圧の変化などの負担もあります。
そのためお年寄りの入浴時には事前の体調チェックが大切です。
高血圧症などがあれば、医師に入浴してもよい血圧値を指示してもらい、入浴前には必ず測定しましょう。

お年寄りが自力で入浴できる場合でも、必ず家に誰かがいる時に入ってもらうにします。
食事前後の1時間は避けましょう。水分補給も大切です。
お湯の温度は39度くらいのぬるめに設定し、入浴時間は10~15分程度にします。

スポンサードリンク

室内との温度差は体に大きな負担となりますので、寒い季節は脱衣所も暖かくしておきます。
手すりや滑りにくいマットを敷いて転倒防止にも配慮します。

年を取ると入浴を嫌がる人も中にはいます。
特に認知症では手順がわからなくなり、お風呂が嫌いになる場合があるようです。
体力の低下を自覚して入浴が怖くなる人もいます。

入浴ができない日には、熱めのお湯で足浴をしたり蒸しタオルで体を拭いたりします。
お年寄りの体調や気分に合わせて入浴方法を変えるのは大変ですが、
感染症を防ぐ効果もありますので体は清潔に保つようにしましょう。

勿論ここでも介護者本人ではなく、家族や協力者を巻き込んで担当してもらう事も考えましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

外出でリフレッシュ
自宅介護は、家族の苦労が多いだけでなくお年寄りご本人にもストレスがたまりがちです......
入浴サービス
介護は力仕事も多く体力的にも大変です。 精神的にも健康でなくては勤まりませんが、......
廃用症候群にならないために
在宅で介護をしていると、外出の機会が少なくなりがちです。 多くの場合、介護者はお......
食事の工夫
介護食のレシピ本も多種多様になりました。 高齢になると食べ物を噛む力や飲み込む力......
口腔ケアの大切さ
在宅介護ではお年寄りの食事、排泄、入浴、着替え、移動介助などに追われ、介護者は大......
トイレ介助について
介護に不安を抱えている人の中には排泄の介護に心配をしている人が多いです。 親のほ......

▲このページのトップへ