介護者の心構え

高齢者の介護は先の見通しが立たないことも手伝い、一人で抱え込むと重荷に押しつぶされてしまいます。
精神的な苦労やストレス大きく、体調を崩すこともあります。
在宅介護の重要な基本は、介護する人自身の健康管理です。
体はもちろん、何より心にゆとりを持って健康でなければ高齢者の介護は続けられません。

スポンサードリンク

介護する人は、介護者として優秀である必要はありません。
自分でできることとできないことを見極めて、ゆとりを持って判断することです。
介護を始める前にはこれくらいは出来るだろう、と思っていたことが、
実際の介護では予想以上に大変で出来ないこともあります。
そうした際に出来ない自分を責めたり、やらなきゃと頑張り過ぎるのは正しいとは言えません。
他の人に協力をお願いする勇気が大切です。

スポンサードリンク

介護の評価も気にすることはありません。
上手くやって当然としか思われない、と割り切り周囲の評価に感情を左右されないよう心掛けましょう。
評価する人にこそ頑張ってほしいものです。

誰からも「よく頑張っているね」と認められなくってしんどかったら、
早めに家族や信頼出来る人に、頑張ってることをほめて認めてもらいたい自分が居る事を伝えた方がよいかもしれません。
この際溜めすぎないうちに話しましょう。

体調がいまいちだと感じたときはすぐに通院しましょう。
介護者はつい自分のことを後回しにしがちですが、介護者が倒れてしまってはどうにもなりません。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

一人で抱え込まない
家族間で介護の問題としてまっさきに取り上げられるのが、誰が中心となってその役割を......
介護の話し合いで大切なこと
介護は大変ですが、どのように進めるかを話し合う過程で、陥りがちな落とし穴がありま......
他人の力も借りましょう
親の介護は自宅でしたいと思う方が多いと思います。 在宅介護と聞いてイメージされる......
お年寄りの変化に対応する
私ばっかり、私だけ苦労している、と介護者が思っていると気持ちにゆとりがなくなり、......

▲このページのトップへ