介護保険と社会資源

どんな人でも高齢になると、何がしかの手助けが必要になります。
これまでの生活を維持したり、衰えてきた機能を再び機能させたり、
今後の生活を支え、また前向きなものにするために必要なのが高齢者を支える介護といえるかもしれません。
介護をする側も年齢を重ね、そのために負担が重くなり苦労が増えると感じてしまうこともあります。
体力の衰えを感じながら親の介護にあたる人にとっても、自分の生活スタイルを守るためには介護保険などのサービス利用が勧められます。

スポンサードリンク

介護保険は公的なサービスの代表ですが、現在は介護保険のサービスだけでは介護の苦労を全てカバーできていないのが実情です。
それは利用できるサービスが限られた範囲でしかないためです。
例えば生活援助などでは、手伝いのできる同居家族がいると利用できないことが多いようです。
そのため場合によっては他の対策を探すことも必要です。

スポンサードリンク

その対策としてシルバー人材センターやNPO法人、社会福祉協議会などの社会資源があります。
これらの社会資源は高齢者を支えるさまざまな支援をしています。
緊急時に短期宿泊サービスを提供している有料老人ホームや、食事宅配店が高齢者の安否確認を行なっている地域もあります。
これらのサービス情報は地域包括支援センターで確認出来ます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

どんなサービスが必要なのか
介護されるお年寄りの生活を少しでも快適にし、また一人で抱え込まないために介護保険......
老齢の親が入院 その時にしておくこと
現在では定年退職後のセカンドライフを前向きに考える元気なお年寄りが増えています。......
退院後の生活に備えて
元気な方が突然脳梗塞等で倒れ、後遺症が残り介護が必要になったという話はよくありま......
ケアプラン作りで配慮すること
介護が必要となった時、様々なサービスを利用するためにケアプランを作成します。 こ......
ケアプランのチェック
相談に相談を重ねてできたケアプランだと思いますが、その原案を一度介護される本人と......
退院後 在宅で介護する場合
お年寄りが病気や障害を抱えて在宅で暮らす場合は、退院前から自宅で診療してもらえる......

▲このページのトップへ