ケアマネージャー

ケアマネージャーの業務内容は大変幅が広いです。
ケアプランの作成、サービス提供事業者が作成するプランチェック、効果チェック、利用者と事業者の調整、
利用者にとって適切なサービスの検討など、多彩な仕事受け持っています。
サービスを利用する本人と家族にとって、本当に必要なものを円滑に利用できるかどうかはケアマネージャーにかかっていると言っても過言ではありません。
そのためケアマネージャー選びは慎重にしましょう。
多くのケアマネージャーは居宅介護支援事業所に所属しています。
そのリストは別項でご紹介した地域包括支援センターでもらえます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ケアマネージャー選びの一つのポイントは、属する事業者の提供サービスがどのようなものか、という点があります。
訪問介護やデイサービスを提供していれば介護系を得意とするケアマネージャーが、
訪問看護やリハビリを提供していれば医療系に強いケアマネージャーがいると考えられます。
サービス業ですので、利用者の評判を聞いたりいくつか事業所に電話をかけてみて対応を比べてみるのも参考になります。

ケアマネージャーには希望をしっかり伝えましょう。お客様意識を持たず、下手に謙ったりせず対等に信頼関係を築くことが大切です。
意見が異なる時にはお互いなぜその意見なのかをきちんと交換し、相手の専門性も尊重しましょう。
万一相性が合わない場合は別の人に替えることもできます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

地域包括支援センター
介護では苦労も多く、何から手を付けてよいのか、相談はどこに行ったらよいのか悩むと......
相談の仕方
介護で悩んだ場合の相談ですが、 友人に聞いてもらえばスッキリする、という程度のも......
施設での介護も考える
苦労の多い介護では、介護する人たちの心と体の健康状態が極めて重要です。 介護され......
サービスに納得いかない!そんな時は
介護者の負担を軽くするために介護サービスを利用したにも関わらず、スタッフと相性が......
体力維持と転倒防止
人は年を取ると筋力が弱くなり、体のバランスを上手く保てなくなります。 その結果、......
介護スタッフとの付き合い方
在宅介護をしている人にとって、介護サービススタッフの存在は大変ありがたい存在です......

▲このページのトップへ