ケアプラン作りで配慮すること

介護が必要となった時、様々なサービスを利用するためにケアプランを作成します。
この際、どのようなサービスがどの程度必要なのかを判断するための情報を集めて整理することが重要です。

スポンサードリンク

まず必要になる情報は介護されるお年寄りご本人の心身状態です。
要介護認定のための訪問調査項目がきちんとまとまっていますから、コピーをとっておくと役に立ちます。
お年寄りご本人と家族の家事能力、介護者の体調や生活パターンなどもサービス選択において欠かせない重要な情報です。

ケアプランを立てる上でお年寄りご本人と介護者の希望を取り入れることが重要ですが、
何でもかんでも全て取り入れれば良い介護ができるわけではありません。

スポンサードリンク

介護サービス利用の目的は、今の生活を維持し悪化させないことです。
不自由を排除したり楽をするためのサービスを取り入れるのではなく、本人ができることは自力でするプランである必要があります。
お年寄りご本人の自立が大切なのです。
自立を妨げている原因が住宅にある場合は、住宅改修や福祉用具の利用も検討すべきでしょう。

そしてケアプラン作成で欠かせないのは介護者の苦労の軽減です。
家族の協力なくして在宅介護は成り立たない現実があります。
そのため介護者の心身への負担をできるだけ軽くし、介護者の暮らしを大切にする必要があります。
経済状況によっては介護サービスを思うように使えない場合もあります。
とりわけ民間のサービスを利用する場合はその費用は大切な要素なりますので、
使える介護費用を把握しておきましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

どんなサービスが必要なのか
介護されるお年寄りの生活を少しでも快適にし、また一人で抱え込まないために介護保険......
老齢の親が入院 その時にしておくこと
現在では定年退職後のセカンドライフを前向きに考える元気なお年寄りが増えています。......
退院後の生活に備えて
元気な方が突然脳梗塞等で倒れ、後遺症が残り介護が必要になったという話はよくありま......
介護保険と社会資源
どんな人でも高齢になると、何がしかの手助けが必要になります。 これまでの生活を維......
ケアプランのチェック
相談に相談を重ねてできたケアプランだと思いますが、その原案を一度介護される本人と......
退院後 在宅で介護する場合
お年寄りが病気や障害を抱えて在宅で暮らす場合は、退院前から自宅で診療してもらえる......

▲このページのトップへ