施設での介護も考える

苦労の多い介護では、介護する人たちの心と体の健康状態が極めて重要です。
介護される人と介護する人がともに在宅介護を望んでいても、介護する側の態勢がとれなければ在宅介護を諦めざるを得ないこともあります。

スポンサードリンク

在宅介護の継続に重圧やストレスを強く感じる場合、例え物理的に介護を続けられたとしても精神的にしんどいと思います。
一時的に在宅介護を中断するか、誰か代わってくれる人や心強く感じられる協力者を探さなくてはなりません。
また介護する人が周囲に苦労を見せないよう頑張っていても、周囲がそうは判断出来ない場合、他の選択肢を視野に入れるべきでしょう。

介護保険では施設に短期間宿泊するショートステイがあります。これは緊急の時や冠婚葬祭時のほか定期的に利用する事も可能です。
ショートステイサービスを組み込むとで、ストレスが軽減され在宅介護が続けやすくなるという人もいます。
また地域によっては訪問介護、デイサービス、宿泊介護を組み合わせてサービス提供している小規模多機能型居宅介護を実施しているところもあります。
小規模ゆえにスタッフと利用者が人間関係を作りやすいため、宿泊を利用する場合でも自宅での生活の延長線と言った気軽な気持ちで利用できるようです。

健全な在宅介護を続けるためにも、施設での生活を取り入れる事を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

地域包括支援センター
介護では苦労も多く、何から手を付けてよいのか、相談はどこに行ったらよいのか悩むと......
相談の仕方
介護で悩んだ場合の相談ですが、 友人に聞いてもらえばスッキリする、という程度のも......
ケアマネージャー
ケアマネージャーの業務内容は大変幅が広いです。 ケアプランの作成、サービス提供事......
サービスに納得いかない!そんな時は
介護者の負担を軽くするために介護サービスを利用したにも関わらず、スタッフと相性が......
体力維持と転倒防止
人は年を取ると筋力が弱くなり、体のバランスを上手く保てなくなります。 その結果、......
介護スタッフとの付き合い方
在宅介護をしている人にとって、介護サービススタッフの存在は大変ありがたい存在です......

▲このページのトップへ